病院薬剤師会との合同研修:医療安全管理者サポート研修

医療事故調査制度に対応した安全管理活動と医療安全管理者の役割」

1. 目的 医療事故調査制度について理解し、事故発生時の心構えとその対応を学ぶ
2. 受講要件 医療安全管理者(看護職、薬剤師、他の医療職者)
3. 定員/受講料 60名 / 5,000円  長野県看護協会会員 2,000円

長野県病院薬剤師会会員 規定による

4. 申込方法 申込用紙(様式1.様式6)に必要事項を記入し、71日(土)~714日(金)までに

看護職は長野県看護協会へ、

薬剤師は長野県病院薬剤師会へ、

他の医療職等は長野県看護協会へ    お申し込みください

※備考欄に医療安全管理者である旨を記載して下さい

開催日時 内 容

講 師

学習段階

9月2日(土)

受付9:15

10:00~16:00

(1) 医療事故調査制度の理解

1) 社会背景

2) 目的と対象

3) 手順

①   センターへの報告

②   家族説明

(2) 安全管理活動の実際

1) 制度に対応するための事前準備

①   院内調査の仕組み作り

②   院内死亡事例のスクリーニング

③   組織管理者への報告

2) 医療事故調査の実際

①   対象症例の掌握

②   対象症例の理解・把握・分析・問題点抽出

③   再発予防対策の立案と実施

④   実施状況のモニタリング

3) 事後対応

①   遺族対応(説明)

②   当事者対応

(3) 医療安全管理者の役割

1) 事例に関する報告・連絡・相談

2) 患者・遺族への対応

3) 調査・開示に耐えうる診療記録の作成

4) 再発防止策の実施

(4) 質疑応答・意見交換

聖隷浜松病院

中野 由美子