研修名

口腔ケアと摂食嚥下障害~「食べたい」思いに応えるために~

研修目的

口腔ケアにおける看護の役割と摂食嚥下障害について学ぶ

クリニカルラダーレベル

ⅠⅡ

実践能力

ニーズをとらえる力  ケアする力

目 標

  1. 摂食嚥下障害の病態生理を理解する
  2. 口腔ケアの基本やマネジメントの必要性について理解する
  3. 摂食嚥下障害に関連した日常生活支援方法を理解する

講 師

歯科医師  荒川 裕子(信州大学医学部附属病院)

摂食・嚥下障害看護認定看護師 宮坂 由紀乃(信州大学医学部附属病院)

対 象 者

定 員 数

保健師・助産師・看護師・准看護師

150名

日 付・時 間

学習内容

方法・備考

9月18日(火)

10:00~16:00

  1. 口腔清拭の基本(器質的口腔ケア・機能的口腔ケア)
  2. 看護職が行う口腔ケアのマネジメント
  3. 摂食嚥下障害の定義
  4. 摂食嚥下障害の観察ポイント・スクリーニング
  5. 安全な食事摂取とリハビリ
  6. 地域連携について

講義