研修名

がん看護Ⅲ:がんと診断された時から始まる緩和ケア

研修目的

緩和ケアを受ける患者と家族の看護を学ぶ

クリニカルラダーレベル

ⅡⅢⅣ

実践能力

ニーズをとらえる力 ケアする力 意思決定を支える力

目 標

  1. 緩和ケアの基礎知識を理解する
  2. 緩和ケアにおける看護師の役割を理解する
  3. 家族向けの緩和ケアを理解する

講 師

がん看護専門看護師 横川 史穂子(長野市民病院)

対 象 者

定 員 数

保健師・助産師・看護師・准看護師

120名

日 付・時 間

学習内容

方法・備考

9月26日(水)

10:00~16:00

  1. 患者の意思決定支援
  2. ①医療における合意形成とは何か

    ②意思決定の構造・プロセスを知る

    ③意思決定支援における知識・技術を理解する

    ④家族への支援

  3. 苦痛緩和
  4. 専門家への橋渡し、連携
  5. 家族への支援

講義

グループワーク