研修名

退院支援における看護職の役割を知ろう~退院支援は病院だけではない~

研修目的

入院から在宅への移行、疾患や治療がある段階から別の段階に移行する際の看護について学ぶ

クリニカルラダーレベル

ⅡⅢⅣ

実践能力

ニーズをとらえる力  ケアする力  協働する力  意思決定を支える力

目 標

  1. 地域包括ケアシステムにおける退院支援の意義を理解する
  2. 疾患や治療の移行期における看護(トランジショナルケア)について理解する

講 師

地域医療連携室 日向 美佐江(佐久医療センター)
慢性疾患看護認定看護師  植木 博子(相澤病院)

対 象 者

定 員 数

保健師・助産師・看護師・准看護師
120名

日 付・時 間

学習内容

方法・備考

9月4日(火)

10:00~16:00

1. 講義 退院支援について
1)     地域包括ケアシステムにおける退院支援について
2)     地域特性を活かした退院支援の特徴

2. 講義 トランジショナルケアについて
1)     疾患や治療の移行期の看護について

3.グループワーク 退院支援に必要な連携とは
自組織の特徴を踏まえて自分ができる退院支援について話し合う

※各自で体験した退院支援で困ったことや悩んだことなどを準備してくる

4.まとめ