研修名

弁護士の視点から見た看護記録

研修目的

看護記録の目的・法律を知り、それに関わるリスクを理解し記録の書き方を学ぶ

クリニカルラダーレベル

ⅡⅢⅣ

実践能力

ケアする力

目 標

1.  看護記録の重要性と基礎知識を理解する

2.  看護記録の法的責任と記録の実際について理解する

3.  看護記録の書き方を理解する

講 師

弁護士 友納 理緒(土肥法律事務所)

対 象 者

定 員 数

保健師・助産師・看護師・准看護師

150名

日 付・時 間

学習内容

方法・備考

11月9日(金)

10:00~16:00

1.  看護記録の基礎知識

1)     看護記録の目的

2)     看護記録の意義とは

2.  看護記録と法律

1)      法的な位置づけ

2)      リスクマネジメントの視点

3)      情報開示と個人情報保護

4)      倫理的配慮

3.  看護記録の実際

1)      良い記録・悪い記録

2)      記録の表現

講義