301.現場で活かす看護管理(3回コース)

1. 目   的 看護管理者として、現場の課題を解決する力を強化し、人を育て、質を担保できる能力を高める
2. 目   標 1)看護管理者のトップリーダーとして、組織の課題解決に向けて、解決策を見出していく「考え方」の型を学習する
2)現場で起こったことを文章化(言語化)し、問題把握・課題の明確化、図式化できる
3)ノウハウではなくアクションを起こす力、未知の課題に対応できる力の習得を目指す
3. 受 講 条 件 病院・施設・訪問看護ステーション等、様々な施設の看護管理を担う者
3回コースを受講可能な者
4. 定員/受講料 100名 / 3回コースで5,000円
5. 申込方法 申込用紙(様式1):申込期間 4月1日(日)~4月21日(土)

開催日時

内容

講師

 事前課題 ・選んだ事例について、何が起きたかを絵に書く(図式化):5/18に持参
・『学習する組織』を読む
1回目5月18日(金)

受付9:30

10:00~16:00

①講義:課題解決に向け「自分で考える」とは②GW:グループ内で、自身の経験事例を発表し合う

③発表:各G1つの事例を選び、全体の場で発表

東京医療保健大学/大学院副学長  坂本 すが

東京医療保健大学/大学院

助教    本谷 園子

2回目6月26日(火)

10:00~16:00

①GW:課題について、グループディスカッション②講義:『学習する組織』について

③演習:

東京医療保健大学/大学院副学長  坂本 すが

東京医療保健大学/大学院

助教    本谷 園子

   課題 ・『学習する組織』からキーワードを選び、自身の経験から類似する経験を抽出し、文章化する(レポートとして提出)
3回目9月8日(土)

10:00~16:00

①GW:グループ内で、自身の経験事例(課題)を発表し合う②発表:課題について発表

③発表:本研修で感じたこと、気づき、内省したこと等を

発表

東京医療保健大学/大学院副学長  坂本 すが

東京医療保健大学/大学院

助教    本谷 園子

6.必読・参考図書
1)ピーター・M・センゲ:学習する組織,栄治出版,2011.
2)吉野源三郎:君たちはどう生きるか,岩波文庫,1982.