教育理念

Ⅰ.教育理念
長野県看護協会は、「人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたい」という普遍的なニーズに応え、「人々の健康な生活に寄与する」を基本理念としている
この基本理念に基づき、看護専門職として、それぞれのヘルスケア・ニーズに合わせ、安心・安全な医療・最善の看護サービスを提供できる豊かな人間性と自律した看護職の育成を支援する

Ⅱ.教育目的
地域社会の人々の多様なヘルスケア・ニーズと医療の進歩に対応できる知識・技術・態度の向上を図り、質の高い看護実践能力を高める

Ⅲ.教育目標
1 看護者に必要な知識・技術・態度を広く学び、安全な医療・看護が提供できる能力を高める
2 専門職としての感性を磨き、倫理的判断能力を高める
3 チーム医療を推進するために、看護専門職としての判断力・指導力・調整力を高める
4 看護管理者に求められる基本的責務を遂行するために、必要な知識・技術・態度の能力を高める
5 看護実践における課題や問題解決を図るための研究的態度・科学的思考能力を高める
6 自己啓発、生涯学習への動機づけを行う

Ⅳ.看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)

看護実践能力の核として必要な4つの力

1.ニーズをとらえる力 ケアの受け手をとらえ、判断し、その人に適した方略を選択する
2.ケアする力 ケアの実施・評価を行う(PDCAサイクルや看護過程の展開)
3.協働する力 ケアの受け手を中心に、情報やデータを多職種間で共有し、ケアの方向性を検討、連携する
4.意思決定を支える力

 

ケアの受け手が立ち会う場面(治療、最期の迎え方等)において、その人らしい選択ができるための意思決定を支える

レベルⅠ~Ⅴの5段階習熟段階

レベルⅠ基本的な看護手順に従い、必要に応じ助言を得て看護を実践する

レベルⅡ 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
レベルⅢ ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
レベルⅣ 幅広い視野で予測的判断を持ち、看護を実践する
レベルⅤ より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

JNAラダー4つの力と学習項目

JNAラダー4つの力と学習項目 HP

ⅴ助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)

助産師の臨床実践能力の構造 (日本看護協会(2012):新卒助産師研修ガイド一部抜粋)

Ⅰ倫理的感応力(ケアリング)
①知ること/②共にいること/③誰かのために行うこと/④可能にする力を持つこと/⑤信念を維持すること
Ⅱマタニティケア能力
①妊娠期の診断とケア/②分娩期の診断とケア/③産褥期の診断とケア/④新生児期の診断とケア/⑤地域母子保健におけるケア
Ⅲウィメンズヘルスケア能力
①思春期の男女への支援/②女性とパートナーに対する支援/③不妊の悩みを持つ女性と家族に対する支援/④中高年女性に対する支援
Ⅳ専門的自律能力
①教育/②研究/③対人関係/④倫理/⑤管理

レベルごとの到達目標 〔助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)活用ガイドより.日本看護協会.2013〕

レベルごとの到達目標 助産師