教育理念

Ⅰ.教育理念
 長野県看護協会は、「人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたい」という普遍的なニーズに応え、「人々の健康な生活に寄与する」を基本理念としている
 この基本理念に基づき、看護専門職として、それぞれのヘルスケア・ニーズに合わせ、安心・安全な医療・最善の看護サービスを提供できる豊かな人間性と自律した看護職の育成を支援する

Ⅱ.教育目的
 地域社会の人々の多様なヘルスケア・ニーズと医療の進歩に対応できる知識・技術・態度の向上を図り、質の高い看護実践能力を高める

Ⅲ.教育目標
1 看護者に必要な知識・技術・態度を広く学び、安全な医療・看護が提供できる能力を高める
2 専門職としての感性を磨き、倫理的判断能力を高める
3 チーム医療を推進するために、看護専門職としての判断力・指導力・調整力を高める
4 看護管理者に求められる基本的責務を遂行するために、必要な知識・技術・態度の能力を高める
5 看護実践における課題や問題解決を図るための研究的態度・科学的思考能力を高める
6 自己啓発、生涯学習への動機づけを行う

Ⅳ.研修の段階設定指標
 日本看護協会の研修の段階設定の指標(ジェネラリストのためのクリニカルラダー:日本看護協会基盤整備研究)に準じ、看護実践能力を4つの段階に設定した。この指標を用いて各受講者が自らの実践段階と対比させ、学びたい研修ができるように段階を提示した。

指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる。 看護実践の場面において単独で看護を提供できる。チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。 高度な看護活動を実践でき、かつ他者にモデルを示すことができる。自己の学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。 論理的かつ実践的知識を統合して、卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践できる。