会長挨拶

ホームページ

看護職能団体としての役割発揮を

 

 2025年を見据え、社会保障制度改革が加速しています。長野県では、将来の医療需要に応じた医療提供体制の構築のため「地域医療構想」を策定しました。高度急性期・急性期・回復期・慢性期の病床区分と、在宅医療への対応が主題です。県民すべての願いである、健やかに生まれ・育ち、健康長寿を全うし、穏やかな最期を迎えることができるための「地域包括ケアシステム」の構築です。そのためには疾病からの回復だけでなく、予防と健康づくり、人あるところ全ての場に看護の提供が必要になります。

 

 長野県看護協会は、平成29年度定時総会において、「長野県看護協会将来ビジョン」(以下、ビジョン)を公表しました。本ビジョンには、これからの社会に看護がいかに応えていくかを示しました。いのち・暮らし・尊厳を守り支える看護 人々の生涯にわたり、生活と保健・医療・福祉をつなぐ看護 を目指し取り組んでいきます。 

 

 看護職の皆様、今私たちにはかつてないほどの期待が寄せられています。

 

 私たちはあらゆる職種の方と連携・調整しながら、すべての人々に貢献できる看護職能団体として活動していきます。そのためにも多くの方と力を合わせられたらと思っています。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

  

2017(平成29年)

公益社団法人 長野県看護協会長 松本あつ子